忍者ブログ

自然エコロジ―

忍者ブログ [PR]
11 2017/12 1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 3031 01

:2017:12/12/17:28  ++  [PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

:2012:02/22/23:54  ++  私達が地球にできること、子供達に優しさのバトンを渡す

私達が何か行動を起こすときに、
それが結果としてどう地球の環境に影響を与えるか
考えたことはありますか? 
便利さが当たり前になっていることで、わかっていても
なかなかエコな生活が難しくなっています

車・電車よりもなるべく自転車や歩くこと
買い物に行った時は、過剰包装をなるべくおさえてもらう
スーパーの袋はマイバックを持つようにする
ゴミの分別・リサイクル
節電の為に温度を調節して衣類で体温の調節をする

など、出来ることは沢山あります

では、何故今このような生活が求められているのでしょう
それは、この行動の共通点は二酸化炭素(CO2)を排出を抑える
ということです
二酸化炭素(CO2)というのは地球に様々な影響を及ぼします

オゾンホール破壊もそうですし、現在また深刻なのは
地球の海洋生態系に酸性化の為の被害が広がっています
酸性化になると海はどうなってしまうのでしょう、
陸上では酸性雨が降って建物や木々などが溶けてしまってます
海ではサンゴが死滅し小魚やプランクトンに影響がありますし
地球温暖化で南極の氷がとけ、海面上昇となり
海に沈んでしまう島もあります
越前くらげの大量発生も因果関係があるのではないかと言われています


それを防止するためには、二酸化炭素(CO2)の排出を
なるべく早くに減らす必要があると
世界の海洋科学者達150人以上がフランス南部ニースで発表したのです

そして東京電力福島第一原発から出た放射性セシウムが事故から約1カ月後に、
2千キロ離れた深海5千メートル地点まで到達していたことが、
海洋研究開発機構の観測でわかったそうです。
大気中のセシウムが海に落ち、
プランクトンの死骸などに付着して沈んだと言われています。

私達人間が私利私欲のために海を汚して、地球を傷つけているのです
これから私達はどんなことを地球に返していけばよいのでしょう

子供達に優しさのバトンを渡せるように
一人ひとりが身の回りで出来ることをやり続けていきましょう
keitai26.gif

PR